志朗と笑顔になる社会を作っていこう

タイの医療機関に防護服を寄付

    
\ この記事を共有 /
タイの医療機関に防護服を寄付

急増したコロナ患者の治療にあたるタイの医療機関に向けて、防護服を620着寄付しました。8月30日付けのタイ保健省によると、新規感染者数15972名、治療中:176137名

死亡者数256名(8月30日)、完治者数1002527名、累計症例数1190063名と発表されています。

寄付は、7月30日に行われコロナ感染の猛威の中、病床が足りない、治療するための薬が届かない、必要な備品が足りないという事情を知り、医療現場ですぐ使える防具服を寄付しました。

寄付先は、バンコク市内にある3つの病院で、

 

(1)パンヤナンタピック・チョンプラタン・メディカルセンター

パンヤナンタピック・チョンプラタン・メディカルセンターにて。

 

(2)プラッププラチャイレスキュー財団

プラッププラチャイレスキュー財団

 

(3)ブッサラカム野外病院

ブッサラカム野外病院事務局担当者と共に

 

になります。ブッサラカム野外病院は、病床数が足りないということもあり、Impact展示会ホールの中に、病床を用意し作られた野外病院です。

ブッサラカム野外病院2

ブッサラカム野外病院1

志朗の寄付については、現地のムエタイ新聞である、「ムェサイアム新聞」にも掲載されました。

医療機関に防護服を寄付したことがムエタイ関連新聞に掲載されました

 

 

志朗は、ムエタイ選手として修業を積み成長させてくれたタイに対して、恩返しをしていきたいという気持ちから、タイでの寄付活動を行ってきました。本来は自分が直接タイに届けたいという希望があったのですが、コロナ禍ということから、現地で志朗の社会貢献活動を支えてくれているジャンさんにご協力をいただき、志朗パネルを代わりに連れていってもらいました。

タイの感染事情はこれまでの外出禁止令にかわり、9月1日から社会・経済活動の制限緩和を行うと告示しています。しかし、寄付をした医療機関の方々に話を伺うと、依然として医療現場については大変な状況であるということでした。今後も可能な限り支援を続けていく予定です。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©SHIRO SMILE SUPPORT,2022All Rights Reserved.